不妊症にはエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールという成分は、月経周期の調整の他に不妊症にも効果がある事がわかっています

不妊症が治って楽しい日々を過ごしている女性

生理痛を改善する作用があるエチニルエストラジオール

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二種類のホルモンがあります。これらのうち、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンに当たります。エチニルエストラジオールは、黄体ホルモンであるノルエチステロンとの配合錠として、生理痛の改善を目的に処方されます。ノルエチステロンとエチニルエストラジオールの配合錠は、脳に作用することで体内のホルモン量を調節したり、卵巣・子宮に作用することで痛みの元となる成分の産生を抑えて生理痛を緩和したりします。
卵胞ホルモンは妊娠するために必要な卵胞の成熟を担うホルモンです。一方で、黄体ホルモンは卵胞の成熟を止め、子宮内膜の増殖・維持を促すホルモンです。妊娠が成立しなかった場合、増殖した子宮内膜は剥がれ落ちます。この現象を生理と呼び、生理痛はこのときに生じる痛みを指します。
生理痛の痛みの元となる成分の量は、子宮内膜の増殖に伴って増えていきます。つまり、子宮内膜の増殖を抑えることが生理痛の痛みを和らげることにつながります。ノルエチステロンとエチニルエストラジオールを成分とする薬をあらかじめ投与しておくと、ホルモンの作用により、脳は「卵胞の成熟が十分進んでいる」と誤って認識してしまいます。これにより、卵胞の成熟や子宮内膜の増殖・維持が抑えられます。この結果として、生理痛が改善されるという仕組みになっています。またこれにより、頭痛や吐き気などの他の身体症状や、抑うつやイライラ等の精神症状の改善も期待できると言われています。
生理痛の改善以外では、エチニルエストラジオールは子宮内膜症の治療や避妊の目的で処方される薬の成分として使われます。