不妊症にはエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールという成分は、月経周期の調整の他に不妊症にも効果がある事がわかっています

不妊症が治って楽しい日々を過ごしている女性

外用薬として病院で処方されるエチニルエストラジオール

健康な肌の女性エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種であり、男性ホルモンの働きを抑制することでホルモンバランスを均等に保つ働きをします。ホルモンバランスの乱れが発症の大きな要因となることから更年期障害の治療薬として病院で処方されることも多いほか、男性ホルモンの濃度を下げることでがん細胞の増殖を抑える働きがあることから、前立腺がんなどの腫瘍の悪化を防ぎ、病状の進行を穏やかにします。また性腺刺激ホルモンの分泌が強く影響する乳がんに対しても、エチニルエストラジオールの効果によってホルモン分泌が抑えられ、性腺刺激ホルモンの濃度を下げることができます。このため抗がん剤としても病院の治療現場で広く使用されています。病院で様々な病状の治療に使用されるエチニルエストラジオールですが、化粧品や外用薬にも使用されています。化粧品に配合される場合は、女性ホルモンを経皮摂取することにより保湿効果が得られ、ハリのある健康な肌へと導きます。外用薬としての利用には育毛効果が注目されています。これはエチニルエストラジオールの男性ホルモンを抑制する働きが、男性ホルモンの強い影響によって起こる男性型脱毛症の改善に効果を発揮すると考えられるからです。男性型脱毛症の専門外来でも外用薬として処方され、他の発毛促進剤と併用して使用します。男性型脱毛症は髪が細く短くしか生えなくなり、最後には極小の産毛しか生えてこなくなる症状です。特に男性ホルモンの影響が強く出やすい髪の生え際に集中して使用することで抜け毛を防ぎ、発毛を促進させます。エチニルエストラジオールの副作用としては、血栓症のリスクがあるため飲み薬として服用する場合は医師の診断が必要ですが、外用薬や化粧品の場合は配合量が少ないのでリスクはほぼ無いと見られています。