不妊症にはエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールという成分は、月経周期の調整の他に不妊症にも効果がある事がわかっています

不妊症が治って楽しい日々を過ごしている女性

エチニルエストラジオールの副作用で吐き気がする場合も

エチニルエストラジオールは不妊治療や更年期障害、生理の周期のコントロール、避妊などに用いられる成分であり、女性ホルモンの一種の卵胞ホルモンです。
この女性ホルモンは、バランスが崩れる事によって様々な症状をもたらす事でも知られていて、比較的軽い副作用としては吐き気や頭痛、めまいなどがあります。
例えば、経口避妊薬には卵胞ホルモンとして、このエチニルエストラジオールが含まれていますが、飲み始めの初期の症状として吐き気などの症状を訴える人も多いです。
ただ、そうした症状はホルモンバランスが変わった事による一時的なものである事が多く、しばらく服用を続けていれば次第に症状が出なくなる事が多いです。
同じ量を服用するのでも、人によっても副作用が出るかどうかは異なり、なんともない人も中にはいます。
エチニルエストラジオールを服用する事によって起きる可能性がある副作用として危険なものは血栓症があります。
そのために、経口避妊薬は誰でも服用する事が出来るという訳では無く、過去に血栓症を起こしたことがある人や血栓症を起こす可能性が高い、タバコを大量に吸う人や肥満である人などは注意する必要があります。
通常は医師に診断してもらってから処方してもらうために、用量や用法を守って使っている分には吐き気などの比較的軽い副作用の症状に悩まされる事はありますが、そこまで神経質になる必要はないです。
ただ、個人輸入でネット通販の経口避妊薬を購入する場合など、エチニルエストラジオールが含まれている製品を購入する際には自己判断となりますので、副作用の事をきちんと理解した上で利用するようにしなければ命に関わる事もあるので注意しなければならないです。